カテゴリー

ナスのタネまき

水仙のつぼみがふくらんできました。

とっても冷たい風で吹いていますが、
お天気の石原さんによると、この強い風が春を運んできてくれるとか。

2月も中旬をすぎたのでそろそろナスやトマトのたねまきです。
ナスは30℃程度の温度があると発芽がそろうとのこと。
うちは専用のヒーターや温床がないので、
小さなホットカーペットで代用しようと考えていましたが、
昨日、Facebookでおもしろい記事を見つけました。

秩父の自家野菜イタリアン
RESTAURANT&BAR SALVAGE
のオーナーシェフさんは、
ナスのタネをポケットに入れて体温で温めて発芽させたそうです。

これはナイスアイデア! さっそくやってみましょう。

前述のシェフはチャック付ポリ袋を使っていましたが、
心もとない気がしたので、メモリカードのケースを使うことに。
ティッシュペーパーをぬらして、タネをまきます。

小さなポーチに入れて首からぶら下げられるようにしました。

さて。うまくいくかしら?

室内のラックではカンパニュラが発芽。春はもうすぐです。

コメントは受けつけていません