カテゴリー

ナス発芽~ポットまき

日曜日からポケットで温めていた白ナスのタネが発芽しました。
まだ3割くらいでバラつきがありますが、
4年前のタネなのでこんなものでしょうか。
私の体温が低かったのかもしれません。
(30℃をキープすると揃うらしいです)

これをポットにまきます。
ついでにミニトマトのタネもまきました。
トマトは20℃くらいでもすぐに発芽するのでここからのスタートです。

先日買ったカラフルトマトと、
自家採種のビストロというミニトマトをまきました。

ナス9ポット。トマト9ポット。
カバーをかけて、リビングの暖かい場所に設置。

 
●●●【おまけ】私のタネまき方法 ●●●

タネまき用土は、タキイのたねまき培土を使っています。
最初にトレーに土と水を入れてこね、湿らせてからポットに入れます。
ポットに入れてから水をかける方法では、まんべんなく水が行き渡らないことと、水をたくさんかけ流すと、せっかくの養分が流れ出てしまうからです。
水の量は、お団子がつくれるけれども、握るとぽろぽろ崩れる程度がいいと思います。

今回のポットは直径6センチ。
ポットに土を詰めるのには、土入れがあると効率がいいです。

土を入れたあと、後ろ側の平らな部分でとんとん突いて土をならします。

タネを並べて、土をかけて、土入れの後ろ側で軽くならしてできあがり。

苗が十分にしっかりするまでは底面給水で育苗します。

コメントは受けつけていません