カテゴリー

畑はカラカラ

ジャガイモの花が咲き始めました。
シンシア

しばらく雨が降らず、土はカラカラ。明日は降ってくれるかしら?

アスパラ菜の株元にまいたスギナもすっかり枯れて藁のよう。
山側

乾燥を好む野菜やハーブは順調です。

ディルがディルらしくなってきました。
ディル

コリアンダーは1週間ほどで発芽して、かわいい本葉がのぞいています。
コリアンダー

小さいのに、すでにパクチーの匂い(>_<)。 そう、コリアンダーは苦手なのです。 でもなぜ育てているかというと、コリアンダーシードを収穫するため。 冬のシチューに入れると、ピリリとおいしくなるのです。 カボチャのツルに、小さな実がつきました。 これは「ロロン」というオレンジ色の大きくて甘いカボチャ。 隣の畝では、バターナッツも育てています。 カボチャの実

正方形の小さなベッドに並んでいるのは、ミニレタスのマノア。
マノア

知人に分けてもらったコンニャクイモも葉がでてきました。
コンニャクってこんななんですね。
こんにゃく

そのほか、トウモロコシは第4弾まで発芽。
ナス、パプリカ、エダマメにはつぼみが。
トマトは実がちらほら。
真ん中

まだ収穫できるものはラディッシュくらいしかありませんが、
ぼちぼち畑が埋まってきました。

ニンジン、オクラ、スイスチャードが発芽して
コールラビとリーフチコリも順調。
この調子でみんな元気に大きくなあれ♪

草には草を

梅雨の晴れ間に畑へ。

蓼科山

いまのところ雨は夜間にふり、日中はよく晴れていたりするので、植物がぐんぐん育っています。

カボチャに花のつぼみがつきました。
カボチャ

エダマメも大きくなっています。
エダマメ

トマトには小さな実が。
トマト

1週間ほど前に植えつけたサツマイモは根付いた様子。
今年は、ベニアズマ、金時、ムラサキイモとの3種です。
いちばん右の元気がよいのはベニアズマ。
サツマイモ

今日の作業は、コールラビとリーフチコリの“ベネチア”の植え付け。

そして、日々生える草刈り。
ポリマルチをしていない畝には、プチプチと絶えず草が生えてきます。
でも草を抜いて土がむき出しになると、泥ハネで葉が傷んでしまうし。
しかし、草を生えっぱなしにする“自然農”はやりたくありません。

アスパラ菜

そこで、畑の周囲に生えているスギナを刈ってきて、ばらまいてみました。

草をまいた

スギナの煮出し汁は殺菌作用があり、うどんこ病対策にもなるとか。
葉っぱでも多少は効果があるといいな。

カラカラの土とシードボール

晴れの日が続いています。
うれしいけど、雨が降らないのは植物にとっては過酷。
夜だけ降ってくれればいいのにな。 なんて、わがままなことをお天道様にいうとバチがあたってしまうかしら。

今朝は昨日の続きの作業をしに畑へでかけました。
除虫菊が満開です。虫よけに植えてみたものの、効果は?
虫が寄ってきてるし。

除虫菊

除虫菊

小さなスナップエンドウはネットに届かないので、山で拾ったカラマツの枝をさしておきました。

スナップエンドウに支柱を

スナップエンドウ

そして、ジャガイモの虫取り作業。
テントウムシダマシにたくさん葉っぱをかじられています。

シンシアのつぼみ

シンシアのつぼみ

トマトはねじねじ支柱を建てました。つぼみがちらり。

トマトのつぼみ

トマトのつぼみ

そして、オクラとビーツをタネまき。

ビーツは、発芽まで時間がかかることと、土が乾燥しているので簡易シードボールにしてみました。
シードボールといってもトイレットペーパーを小さくカットして、水につけたタネを3粒ずつ包んで丸めたもの。
売り物は粘土やミズゴケなどで包んで固めているけれど、トイレットペーパーなら手軽です。
スジまきする小カブや葉ものは、長いペーパーにくるんでシードテープにしたりします。

そうこうしてたらおなかが痛くなったので、今日はこれだけ。

残りの待機苗は、レタスとチコリ、サツマイモ、コールラビ。
あとニンジンもまかなくちゃ。

夏野菜の苗たち、畑へ行く

お天気予報から雨マークが消えて、夏野菜の苗たち、ついに畑デビュー!

トマト、ナス、キュウリ、スナップエンドウ、ズッキーニ、カボチャ、エダマメ、バジルを一気に植えます。

トマトは4種。
サンマルツァーノのルンゴ、中玉のスイートトマト、ロゼア、チェリートマト。

トマト

トマト

ナスは、海外種を2種。
イタリアの白丸ナス「ローザ・ビアンカ」とシマシマの「ガンディア」。

ナス

ナス

エダマメは苗を6つ植えつけ。あと4ヵ所にタネを直まきしました。

早生のくろべえ

早生のくろべえ

スナップエンドウとキュウリを一列に植えて、きゅうりネットを設置。

スナップエンドウとキュウリ

スナップエンドウとキュウリ

そのほか、ズッキーニとカボチャを畝4つに定植しました。

続きを読む»

エダマメの根切り・摘心栽培

ひと雨ふるたびに、みどりが増えていきます。
モンタナ

まき小屋のモンタナがぽんぽん咲いています。

林の奥には、レンゲツツジ。
レンゲツツジ

花壇に植えたワイルドストロベリーは虫と動物たちにタネを運ばれて、庭じゅうにびっしり。
まるで原生地かのようです。

原種のスイセンとは思いもよらないところで再開しました。
ゴールデンベル

2年ほど前から畑でエダマメをつくっています。

畑に直まきしていたのですが、あまり実の入りがよくありません。

高冷地で気温が低く、日当たりもよくないので、エダマメ向きではないのかしら?とあきらめてましたが、
ネットをみていたら、
達人たちは「エダマメの根切り・摘心栽培」をしていると知りました。

http://www.no-tillfarming.jp/saibaihou_etc.html

というわけで、今年はエダマメも苗をつくってみることに。

セルトレイにひと粒ずつタネをまき、
芽が出てきたら引っこ抜いて、
根をちょっきんと切り、ポットに挿し木。

双葉から新しい本葉が出てきたら、摘心。
摘心

双葉の脇から2つの芽が出て、茎も色濃く太くなってきています。
活着
これはいい感じ! 今年の収穫は期待できるかも。

庭につくった新しい菜園にはレタスを植えつけ。
ネットをかけておいたけれど、どうかな?
新しい畑