カテゴリー

キッチンメモ

保存用トマトソース

夏にたくさんとれたトマトは、ソースにして瓶詰め保存します。
ソースやトマトシチューに、いろいろな料理に使えるようにスパイスは控えめ。
トマトの湯むきはせず、あとから皮を取り出すのが楽。

トマトソース

材料

・トマト 2kg
・玉ねぎ 中1個
・ニンニク 2片
・オリーブオイル 大さじ2
・ローリエ 1枚
・塩 小さじ1(好みで加減)
・バジル 数枚

  1. トマトのヘタとタネを取ります。
  2. 鍋にオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ、焦げないように加熱します。
  3. 玉ねぎを加えて透き通るまで加熱します。
  4. トマトを入れて、実をつぶしながら煮ます。
  5. 実が完全に崩れて液状になったら、ざるかシノアでこし、皮を取り除きます。
  6. 鍋に戻し、ローリエを入れて好みの味になるまで煮詰めて、仕上げに塩で味を整えます。
  7. 煮沸消毒した瓶に入れ、軽く蓋をして10~30分くらい煮沸し、ふたを密閉します。

ブルーベリーのマフィン

ジャムをつくるほどはないけれど、生で食べるにはちょっと多い、微妙な量のブルーベリーをマフィンに入れて。
摘み取った実を冷凍しておくと、いつでも作れます。ブルーベリーは凍ったまま入れてOK。

ブルーベリーマフィン

材料(マフィン型6個分)

・薄力粉 150g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・グラニュー糖 50g
・無塩バター 50g
・卵 M2個
・牛乳 70cc
・ブルーベリーの実 適量

  1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて2回以上ふるっておきます。
  2. バターをクリーム状になるまで練り、グラニュー糖を3回くらいに分けて加えてよく混ぜます。
  3. 溶いた卵を少しずつ加えます。分離しないように少しずつ混ぜるのがポイント。
  4. 牛乳を加えます。
  5. ふるった粉の3分の1を入れてなじませてから、残りの粉をさっくりと混ぜます。
  6. マフィン型に生地を入れてから、ブルーベリーを6~8粒ずつくらい表面から押し込みます。
  7. 170℃に暖めたオーブンで20~25分くらい焼き上げます。

表面にブルーベリーが見えていると焦げておいしくないので、生地に隠れるようにするのがコツ。


野沢菜きり漬

少量で作る即席漬け。重しは水を張ったボールでOK。
市販の浅漬け容器を使うとカンタンです。

材料

・野沢菜 1kg
・塩 20g
・醤油 100cc
・酢 20cc
・砂糖50g
・みりん40cc
・昆布15g
・生姜少々、柿の皮、ニンジンなどお好みで

  1. 野沢菜をよく洗い、3センチ位の食べやすいサイズに切る。
  2. ボールに入れて、塩をまぶし、ギュッギュッと揉む。
  3. 調味料を全部加えて軽く混ぜ、重しを乗せて一晩置く。

ささみジャーキー

ジャーキー

  1. ササミを細長く切って、たたいて薄く伸ばす。
  2. 沸騰したお湯に通し、キッチンペーパーで水切り。
  3. クッキングペーパーに並べて、150度くらいのオーブンで1時間くらい、焦げないようにしっかりと乾燥させる。

同様に、ニンジンやカボチャなどもスライスして、低温のオーブンで乾燥させれば野菜チップスの出来上がり♪