カテゴリー

森のいきものと仲良くなる計画

昨年10月にぷう助が旅立ち、いきもの不足気味。

でもお世話はなにかと大変だし、留守ができないので、新しい子をお迎えするのはあと2年くらいがまんするつもりでいます。

でも、おうちに何かいないのは、さみしい。
そこで、近くの側溝からオタマジャクシをとってきて、犬のバスタブでしばらく飼うことにしました。

はりきる いいださん。
川から水を汲んできたり、
ごはん粒や刻んだキャベツをあげたり、
隠れ場所のために石や砂利を入れたり、
息がしやすいように 水中ポンプをかってきたり。

手厚いお世話のかいあって、オタマジャクシはすくすく育ち、ついに手足が生えてきました。

やったね!
しかし、まもなくお別れです。

むむむむむーーー

そうだ、庭にいるリスやウサギたちと仲良くなればいいんだ!
棲んでいるのはわかっているものの、なかなか姿を見ることができません。
仲良くなるにはどうすればいいの?
おしえてGoogle。

ということで、リスの通り道にエサ台をつくり、好意を伝えることにしました。

再びはりきる いいださん。

古いパレットでエサ台をつくったり、

ラズパイで監視カメラをつくったり、

ペットボトルとタッパーで防水ケースをつくったり。

リスさんには友好のしるしに、畑のトウモロコシや庭のミニリンゴを献上する予定です。

コメントは受けつけていません